幼馴染から頼まれてコンブチャクレンズを教えました。

知り合いからダイエットに関するものはないかと相談を受けました。

住んでるところが遠くてなかなか会えないんだが、昔からの幼馴染。

正直自分で探してくれって話。

幼馴染とはいえなんで私に頼んでくるんだろう。

今やネット社会なんだから検索すれば簡単に情報は得られる。

別にネットが嫌いとかネットみるとアレルギーがとかって変な言い訳をしてこないだけマシだとは思うけど、出版社に勤めてるから検索は得意とかそういう理由で頼られるのは困る。

こっちだって仕事があるのだから個人の為の検索なんてなかなかできる時間がとれるわけじゃない。

それでも電話越しに低い姿勢でお願いされてるような声を出されると断り切れなかった。

「ダイエットに関するものかぁ…。」

ダイエットとは無縁だったから私には皆目見当もつかない。

それでもあそこまでお願いされたのだから仕方ない。仕事の合間にお店に行っては店員さんに聞いて、また別のお店に行っては聞いて。

たまに時間が取れない時はネットで商品を探す毎日。

そんなある日、関係ない記事を見てたら記事内に表示されてる広告に気になるものを見つけた。

「コンブチャクレンズ…?」

ダイエット系の飲み物みたいで痩せやすく効果があるらしい。

このサイト→「http://morino.itigo.jp/」を見たんだけどこれなら簡単にできていいんじゃないかと思って早速本人にサイト一緒に教えてあげた。

実際買ってみたって言ってたしそのうち結果がメールか電話でくると思います。

引越しした時に困った時の話です

昔私が引っ越しをしたときの話です。

その時の家は1Kだったかちょっと広さの感じはよく覚えてないんですが(覚える気がないし気にしてなかった)庭があってロフトもついてました。
場所も駅から12分くらいで商店街があったので買い物とかも困りませんでした。
家賃は6万円でその辺にしては広さを考えると安いほうです。

家は申し分なかったんですが、更新の時期が近づいてきてて更新料がちょっと高くて、友達とシェアハウスを考えてたんで引っ越しをすることにしたんです。
でも、更新料よりは安いとはいえ、引っ越しするのにもお金はかかります。
私はその時仕事はしてたものの給料が安くて引っ越し費用もちょっと出せるか困ってました。

更新料を払おうにも払う金額は用意できないし、だからって引っ越し費用もちょっと厳しい。
身動きがとれませんでした。

初め友達に相談して少し貸してもらおうとしましたが、友達も生活でいっぱいいっぱいでそんな余裕はないといわれてしまって「まぁ、そうだろうなぁ」とは思いましたが、さぁどうしよう。
そう思った時「お金は貸せないけど確かあれってカードローン組めたよね?」って友達が言ってきました。

現金一括払いしか頭になかった私は「そんな手もあるの?」とつい聞き返してました。

「確実性はないから調べたほうがいいと思うけど、確か現金払いだけじゃなかったと思ったよ」というのでその場で携帯を出して調べてみました。
そしたら、突然の引っ越しでも可能ってなってるじゃないですか!?

そんな手があるんだと思い、早速引っ越し手続きをしてなんとか更新日より数か月早く引っ越しを済ませることが出来ました。

私の感覚ではショッピングとかでクレジットを使うような感覚だったのでローンを組んだ感覚はほとんどなく、ちゃんと完済できたので満足してます。
新しく借りる家の費用は友達と半分ずつ出したのでそこは問題ありませんでした。

お金っていつ必要になるかわからないのでこういうのがあるのはほんと便利ですね。

今は友達とは別に住んでますが、あの時は本当に助かりました。

今回私が参考にしたのはこのサイトです。
http://www.xn--68j8ed8443adwpov6d7dbm3r.com/

借金地獄を乗り越え、ようやく手に入れた平穏な日々

こんにちは、横浜の出版社に勤めている、相葉と申します。初回からなかなか重い話題からスタートします!(笑)
子供のころの私は、他人からお金を借りるような大人になるとはまったく思っていませんでした。テレビや雑誌、学校の授業などで借金に苦しむ大人をたくさん目にしてきましたし、両親からも絶対にお金を借りるなと教育されてきたからです。

それでも専門学校に入学したころ、高額な楽器を購入したくなったことがきっかけで、はじめてお金を借りました。エリック・クラプトン、ジミーペイジ、ポール・マッカートニー、ボブ・ディラン等、そうそうたる顔ぶれのミュージシャンも愛用している、マーチンのアコースティックギターD-28でした。あの豊かな中高音の響き、そしてサスティーン。日本人の私でも抱えやすい少し小さめの美しい完成されたフォルム。御茶ノ水のクロサワ楽器で試し弾きをしてからというもの、すっかり虜になってしまったのです。

私:「D-28ってこんなに良い音するんですね!!ちょっと感動しました」

店員さん:「もともと、D-28って良いギターなんですが、この一本は特別ですね。激鳴りです。ギターは個体差がありますからね…でも、ここまで鳴りが良いのは久し振りですよ。正直なところ。」

と、D-28の違う個体とを弾き比べさせていただいたんですが、、

『あれ、さっきの方が全然音が良い・・・、』

・・・・・購入方法は、いわゆるローン返済というものでした。

わたしははじめこそローンを組んだことを後悔しましたが、8か月かけて返済しきったときは、その考えは一変しました。「なんだお金を借りるということはこんなにも簡単なことなのか」と。それで、こんなに素晴らしいモノを手に入れられるのなら最高じゃないか!と考えてしまったのです。

今になって思い返してみれば、この考えがいけなかったのだと感じています。「欲しいものは手に入れてやる!」わたしは少しずつお金を借りることに抵抗がなくなり、フリーター生活を送っている中でも少しずつ消費者金融に手を出すようになってしまいました。それでもはじめこそは返済の見通しを立ててから借金をしていたのですが、ギャンブルのために借金をしてからは状況が一変しました。

そう、返済の見込みが立たなくなってきたのです。 ギャンブルは恐ろしいものです。金銭感覚が麻痺し、「十万円損したら二十万円分勝てばいいじゃないか」とまで考えるようになってしまったのです。もちろんギャンブルというものはそんなに甘いものではありませんでした。借金はかさみ、返済のために他の消費者金融からお金を借りるという、多重債務者に陥ってしまったのです。 そして一般の消費者金融から融資を断られるようになると、ついにいわゆる「闇金」と言われる業者からお金を借りるようになってしまいました。私は気付かないうちに破滅への道へ一歩ずつ踏み入れようとしていたのです。完全に堕落していました。

子供のころ思い描いていた大人とはまったく別方向へと向かっていたのです。 私はとうとう借金の取り立てに悩まされるようになってしまいました。利息は雪だるま式に大きく膨れ上がっていき、私は号泣しました。「俺は一体どうしてこんなになったんだ…?」そして子供のころの自分――借金をしない大人にならない――を必死になって思い出し、そして一からやり直そうと決意しました。

私は知人に社金返済の悩みを打ち明け、その伝手で、多重債務を専門とする弁護士さんを紹介していただきました。 これが私にとっての人生の救世主といえるかもしれません。まさに私の人生の救世主である弁護士の先生には、違法金利に対する手続きを代行していただき、私の債務の整理などをひとつひとつ的確にお手伝いしていただいたのです。 そしてすべての借金返済が終えた今、わたしは子供のころに思い描いていた大人へとようやくなれた気がします。そう、借金をしない〈大人〉にようやくなれたのです。それからというもの真面目にアルバイトをこなし、契約社員、派遣社員を経て、現在では一正社員として平穏な毎日を過ごしています。おまけに彼女もできて、そろそろ結婚かなと(#^.^#)